2006年 05月 31日
芦別岳
5月26日〜28日で行ってきました。



M:大波・谷・林・石村・谷内田
 今回は旧道から新道を巡る計画で旧道途中まで行きましたが、コースの勘違いや時間的な問題で覚太郎コースから新道に行き新道分岐でテン泊、次の日の天気は雨だったため頂上は諦め下山した。
 今回、計画段階での調べの甘さにより、藪漕ぎなど1年にはキツイ山行になってしまい反省するべきところがあった。自分の中にも、何度か来ている山であり、冬山シーズンも終わり気持ちの面で緩みがあった。気持ちを引き締めていかなければならない。
 結果的には計画通り行かなかったが、皆充実していて楽しかったと言っていたので良かった。一年は良く頑張った。特に石村(女)には、体力面・精神面での強さに驚かされた。これからが楽しみであり恐ろしくもある。2年の林も1年間で随分とたくましくなっている。一年に山中泊を経験させるという目的は叶い良かったとは思っている。ちなみに、芦別の登山道を外れて藪漕ぎしていると一面巨大キトピロ畑で堪らない匂いを発していた。あれは凄かった…
残雪状況
:700m付近から上にあるくらい。去年同時期は500m付近からあったので少ないのだろう。
登っていると、「もう夏がくるなぁ」と感じた。沢の季節がやってきたーーー!!気を引き締め準備を整え最高の時が来るのを待ちます。
[PR]

by hgwvob | 2006-05-31 00:00 | 夏山


<< トンガリえにわ      桜未だ散らず >>