2013年 09月 07日
沙流川以降の生存報告
OB林です。近頃投稿がめっきり減ったので、僕の年代の活動をアップします。





まずは7月に現役とお馴染みの方と行ったシーソラプチ&空知川です。

現役:畠山・山田
OB:林・土肥・松田

毎年シーソラは天気が良い気がします。
もっともここは水が冷たいんで晴れてくれないと困りますがw

この日は修学旅行?の団体でラフト10艇くらいと遭遇しました。
凄いノリノリのラフトもあれば、一切会話のないラフトもあり…

そのまま空知川も下ったので、5時間近く川に入ってました。
やっぱ空知川は水が綺麗で、泳がずにはいられませんでしたw





お次は久々の沢登り

金澤と林です。

漁岳に行く予定でしたが、水遊びがしたかったので急遽発寒にしました。
2人ともウェットを着て最初の登山道を歩いたので、入水前にすでにウェットは濡れましたw

どうも金澤と行くとふざけてばっかりで、動画の最初の部分もあれを作るためだけに滝で何度も撮影してましたw

久しぶりで気持ち良かったです。





最後に初めて行った美瑛川です。

土肥と林です。

結論から言うと、かなり微妙でした。
雨粉頭首工のポーテージが面倒で、その下の岩盤の瀬も水が微妙で面倒でした。
水門が開いてればそのまま通過する人もいるらしいですが、結局は板チョコ状のブロックがあるのでポーテージになります。

増水期以外は特に魅力を感じない川でした。

隣の忠別川もダムでごっそり水を取られてるみたいで、ほとんど水がない状態です。
忠別川のあの荒々しい流れはもう見れないのでしょうか。





以上が最近の活動です。
そろそろ秋なので、歴舟川でさんまを焼きたいです。
c0096000_22502556.jpg

[PR]

by hgwvob | 2013-09-07 22:50 | カヌー


<< 釧路川カヌーツーリング      利尻島、男二人旅 >>