2013年 07月 04日
暑寒別岳、おなかにインドを抱えて
しばらく更新をさぼっていましたが、久しぶりの投稿です。  by畠山



6月16日 南暑寒別岳から縦走のつもりが、山開き前で登山口すぐのつり橋がかかっておらず、暑寒別岳を単独で登ってきました。
メンバー SL畠山、貫田、山田、OB土肥さん


11日、僕はインドにいた。とある村でヤシ酒を飲んだ。
c0096000_1540147.jpg
 
するとどうだろう下痢が止まらなくなった。

14日、帰国。下痢が止まらない。2週間のインドとの戦いで6キロの減量に成功し、歩くのですら辛くなってしまった。日本食を食えば、すぐ治るとの友達の言葉を信じ、そばを食う。

15日、まだ止まらない。明日に備えて吐き気をこらえて、ビクトリアで肉を食らう。肉さえ食っておけば力は出るはず。南暑寒別岳に向けて移動。深夜に到着するも、山開き前で登山口すぐのつり橋がかかっておらず、暑寒別岳に移動。みなさんごめんなさい。ただ僕は縦走は無理なことは分かっていた。

16日、願いは届かなかった。いつも通り、食欲もなく元気が出ない。
c0096000_15544217.jpg


2時間ぐらいかなりのスローペースで歩いたが、断念。
暑寒別岳のみならなんとかなると思っていたが、甘かった。

c0096000_1634814.jpg

僕はこの時、駐車場で寝ています。情けない⋯。

海外から帰ってきたら、休息が必要なことを学びました。
南暑寒別岳から暑寒別岳は来年リベンジ!
インドはどうしようかな?
c0096000_1691776.jpg

ちなみに下痢は2週間続きました。ではナマステ!
[PR]

by hgwvob | 2013-07-04 16:41 | 夏山


<< 日高サワミット2013・野塚岳      久しぶりに投稿します。 >>