2013年 01月 18日
今シーズン初山スキ in 羊蹄山
2012年12月22日羊蹄山真狩コース
メンバー 現役:富樫・畠山・山田    OB:三佐川さん・土肥・金澤・林




冬山一発目、ということで選んだのは羊蹄山。今年は例年より積雪が早く、笹等についてはそれほど心配していなかったが、倶知安方面に向かうにつれ天気が悪くなってくる。
今日は羊蹄山初めてが3人、山田が山スキー自体初めてなので山田に山スキーを教えつつ、この4人には羊蹄山の素晴しさを味わってもらいましょう。

駐車場に着くと車が何台か止まっており、すでにトレースが着いていた。
今年から学生部がマムートのバリボックスエレメントをかなりの数購入し、今日初めて使わせてもらった。評価は高いようだが、駐車場で試してみたところ見当違いなところに誘導されたあげく、犬(人間のかも…)のおしっこを踏まされそうになった。自分の使い方が悪いのか…。

登っていくとスキーで膝下くらい埋る。雪質もスピードが出そうな雪で期待は高まる。ただ、地形がそうなっているのか斜面がかなりボコボコで油断するとバランスを崩しかねない。
と、この時はまだそう思っていた。

標高700mまでは夏道の通り進む。そこから夏道は右手の尾根に向かっているが、トレースは沢の中を進んでいる。自分たちもトレースの後に続き、よさそうな斜面を探しつつ進む。
結局850m程度の沢地形が緩くなっているところで尾根に乗っかり、そこから1000mテラスの下部で下山となる。途中、バテている山田の反応が面白かった。ぜひ本人に稜線でそのときの心情などを書いていただきたい。

このあたりはカンバの疎林で良さそうな斜面なのだが、ガスが濃くてスピードは出せない。面白くない。200mも下るとガスは晴れてくるものの、ブッシュは多くなり、斜面が跳ねている。普段なら別のところを滑るだろうなーというような所も滑らざるを得ない。

が、滑ってみると案外面白い。木を避け、体勢を整え、斜面でジャンプ(のようなもの)をしてすぐ木を避けるためにターンする。もちろんみんなコケるが楽しい。雪まみれになりながらみんなニヤニヤ笑っていた。
カンバの疎林でツリーラン?そんなの本当のツリーランじゃねぇ!とばかりにみんなブッシュとブッシュの間を攻めて飛ぶ。
自分もまともなテレマークポジションはとれず、板が引っかかって自分だけ前方に発射されたが、それもまた面白い。
そんな風に感じる今回の山行でした。(金澤)

なお、写真をもらうの忘れてて羊蹄山の写真はありません。俺が出てねぇぞぉ!という方写真を持っている方はぜひ追加をお願いします。
このツリーランに味を占めて、持って行かなくてもいいところにスキーを持って行っちゃったのは次のお話。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからは林が追記

適当に何枚か写真を載せておくよ~ん♪

c0096000_035156.jpg

c0096000_034654.jpg

c0096000_04743.jpg

c0096000_04332.jpg

c0096000_042437.jpg

c0096000_041998.jpg

c0096000_044554.jpg

c0096000_04406.jpg

c0096000_05012.jpg



そして最後に

動画に登場していなかったK澤の勇姿を!!

[PR]

by HGWVOB | 2013-01-18 00:08 | 冬山


<< 成人式 in 雌阿寒岳 201...      初雪! 沙流川カヌー >>