2011年 08月 26日
知床縦走&斜里岳   by 富樫

ご無沙汰だった現役活動報告です。

8月11-12日に羅臼岳~硫黄山縦走、13日に斜里岳に登って来ました。




















夏休みの長期1発目として選んだのは知床縦走。

今年からカムイワッカ方面へ抜けられるようになったので、
せっかくだから行ってみようということになりました。







8/11 曇り時々晴れ


DQN親子がうるさくて眠れなかった斜里のキャンプ場を出発。

天気はあまりパッとしません。


c0096000_19125638.jpg

岩尾別温泉登山口。いよいよ過酷な縦走の始まりです。





c0096000_19173577.jpg

弥三吉水に到着。
冷たくて美味しい水を汲んでいきます。





c0096000_19201255.jpg

熊が出ると評判の大沢にはもう雪渓は残っていませんでした。
ものすごい強風に背中を押され、思いのほかヒョイヒョイと登れました。




c0096000_19221946.jpg

極楽平に到着。
悪天候のため全く極楽ではありませんでした笑




c0096000_1924796.jpg

岩清水はカップに水がたまるまでの待ち時間が寒かったです。





c0096000_19261335.jpg

羅臼岳頂上に到着!
最初は曇っていましたが、徐々に晴れ間が広がり周囲が見渡せるようになりました。
それにしても風が強い!





c0096000_192809.jpg

これから向かう三ツ峰-サシルイ岳方面。
半島の形がはっきり解るのもオツなものです。




c0096000_19314433.jpg

極楽平に戻って小休止。
天気が回復し風も止んだので、ようやく極楽、極楽という感じでした。

そういえば金澤さんが横になっていると、登山客の方が「熱中症ですか!?」と声を掛けてきました笑
ご心配をお掛けしてすいません。





ここからは3つの山を越える長丁場。
縦走用ザックが足にズシリときます。






c0096000_1938030.jpg

三ツ峰の間から見える羅臼岳。





c0096000_19384915.jpg

硫黄山も見えてきました。





c0096000_19401253.jpg

サシルイ岳の麓には雪渓が残っていました。
ここで再び冷たい水を汲んでいきます。





c0096000_19413680.jpg

キャンプ地の二ツ池に到着。
僕たちの他にもいくつかのパーティーが泊まっていました。


みんな明日に備えて早々に就寝。










8/12 曇り時々晴れ


朝はダウンを着ても寒いくらい冷え込んでいました。
やはり下界の8月とは違います。





c0096000_19452128.jpg

うるさいハイマツ帯を抜けると、なかなかいい感じの登山道が続きます。




c0096000_19495966.jpg

お花畑が目を癒してくれます。




c0096000_1951491.jpg

知円別分岐を過ぎると、素敵な光景が待っていました。




c0096000_19545861.jpg

硫黄山頂上に到着!

もう少し到着が遅かったら完全にガスってたので、タイミングが良かったです。





c0096000_19583457.jpg

硫黄山登山道は、涸れ沢を歩いて行く感じでした。





c0096000_19594825.jpg

水があったらなかなか楽しそうです。





どんどん高度を下げるので、こりゃあっという間に登山口に着くなとナメていましたが、
新噴火口から先がとても長かったです。

また、途中でクマさんがガサゴソしており、なかなかハラハラしました。
景色も楽しめず、登りでは使いたくない感じの登山道でした。




そういえば掲示板にあった硫黄山に関するカキコミに気付いたのは下山したしばらく後でした!
有用な情報を提供出来ずすみません!






c0096000_20125924.jpg

無事硫黄山登山口に到着!
結局下山に4時間も掛かりました。





c0096000_20162867.jpg

その後シャトルバスの出発地であるカムイワッカ湯の滝へと移動。
湯あみを楽しもうと思っていましたが、予想以上に観光客が多く尻ごみしてしまいました。







レンタカーを回収後、初日に利用した斜里のキャンプ場へ移動。
縦走の達成感にお酒も進みます。








8/13 晴れ

この日は文句の付けようがない晴天。




c0096000_20261453.jpg

キャンプ場からは斜里岳がキレイに見えました。




c0096000_20273149.jpg

登山口の時点でテンションが高いです。




c0096000_20281745.jpg

登山道は沢沿いに続いているので、いくつもの滝が現れます。




c0096000_20305539.jpg

新道ルートは完全に沢登りって感じでした。
場所によってはちょっとしたシャワークライムが楽しめます。




c0096000_20335796.jpg

これが正規の登山道とは思えません。




c0096000_20372585.jpg

源頭を過ぎてしばらくすると、視界が開けてきました。




c0096000_20392719.jpg

2時間半で頂上に到着!




c0096000_2041161.jpg

下界を360°見渡せます。




c0096000_20424967.jpg

昨日登った硫黄山も見えました。






この日は本当に条件が良く、僕の中ではBEST3に入るくらい楽しい登山でした。














今後もヒマを見つけしだい、夏休みの活動報告をしていきたいと思います。
[PR]

by hgwvob | 2011-08-26 20:56 | 夏山


<< コラム⑤ 新入りの紹介です。      日高サワミット2011・野塚岳 >>