2011年 04月 13日
芦別岳 冬尾根コ~ス
最近活動の記事が少ない気がするのでネタ投下です。

3月17・18日 メンバー:志村さん・金澤・木田




2010年度を締めくくる最後の活動として、僕らにとってはおなじみ芦別岳を選んだ。しかし季節は冬であり、一度も使ったことのない冬尾根。いつも以上に気を引き締めて山行に臨んだ。はずだった。

出発して早々芦別の脅威を見せつけられる。
c0096000_15353569.jpg

こえぇー。やっぱり熊だよね。冬眠していることを願ってカッコいいポーズを決めてみたが志村さんに被写体からはずされてしまった。

歩いていくにつれ、傾斜が上がり雪の量も増えていく。気温は少し高めで雪は重たい。ヒ~ヒ~言いながらラッセルを頑張っていく。
c0096000_15412777.jpg
怪しい木田と素食パンを食べる金澤。正直この素食パンは途中で飽きます。
木田はこの状態で伝家の宝刀、マチェットを装備すれば完全に中国マフィアです。

道中、危なげな細い尾根があったり、偽ピークに心折られそうになりながらもなんとかキャンプ予定地の半面山まで到着。
c0096000_15475762.jpg
雲峰山と本芦別峰。素晴らしい眺めです。明日登れますようにと願いを込めて乾杯しました。




翌日テントの外に出てみると……
c0096000_1553331.jpg
なんじゃこりゃああぁぁ!一面冬景色。写真では僕らのバックに芦別岳がみえているはずなのですが。

我々は停滞してチャンスを窺う根性もなかったので素直に撤退です。
ただ降りるのもつまらなかったので荷物持ち勝負を行います。その結果…
c0096000_15591142.jpg
テレマークポジションどころか普通の滑降もむずかしいヨ!革靴でもないのに靴がペラペラしやがる…。
c0096000_1612228.jpg
十字にスキーを背負い、鋭角的なシルエットの志村さん。なんかエンジン付けたら飛べそうな気がする!

木田「ワロスwww」
木田の独り勝ちでした。S&K「後でコロス」
なんだか凄く疲れてしまいましたがいい経験になりました。

志村さんはこの活動で最後になります。
4年間いろいろありましたが、楽しい記憶でいっぱいです。ありがとうございました!また行きましょう!
[PR]

by hgwvob | 2011-04-13 16:13 | 冬山


<< 荒れ狂う余市川!!   by 富樫      コラム④ もうすぐPR大会です... >>