2011年 03月 19日
内地に行きます
OB見習い谷



僕は長良川のほとりに行くことにしました。
これからはそこで木伐ってます。
長良川に来るときはぜひ一報を。



震災の援助に行く方、心から応援しています。

この社会主義の情報統制下において原発の脅威は計り知れません。このまま沈静化されれば、今後健康被害にあう人たちのどれ程が報われるでしょうか。まだ何も成していない自分にはあまりにリスクが大きすぎて一歩が踏み出せません。

情報統制に関して、食料買いだめを最近話題にしていましたが、それは人間としての自己防衛です。自分たちの目の前にあるものがまさか被災地の物資につながるなんて誰もわからなかったでしょう。それを後付でメディアが煽っていましたが、みんなその論調に乗るのでしょうか?視点が違わないでしょうか。緊急時の物流統制は国がやることです。被災したところがあるのに需要があればどんどんそこに供給されるなんて馬鹿な話があるか。緊急時に機能を果たさない、資本主義に呑まれた国の構造がそもそもの原因ではないでしょうか。それをあたかも一般人の阿呆さにすり替えるいつもの手法、そして一貫した情報統制。そして自分の目を失っていることに気づかない人たち。
クロスオーナーシップのまかり通る日本のメディアは国の手先でしかありません。そういったことこそ本来糾弾すべきではないでしょうか。



今後はそういうことから目線を逸らしてはいけないと思いました。今後声を上げなければ、いつもどおりメディアに視点を逸らされ、今日本のために自分の命を投げ出している人たちまで報われなくなってしまいます。みんなが自分の目でモノを見ていかなくては駄目だ。


だからせめて事が終わったら僕は一市民として声を出すべき時には声を出し、力を貸すときには力を貸すことを誓い、今は心から応援します。みんな英雄です。




小屋管理結局行けませんでした。これからもほぼ行くことはできません。今は自分が生きていくので精一杯です。
微力ながらの後輩の面倒も今後は見れないでしょう。
頼むぞ一世。


それじゃ縁があればまた!
[PR]

by hgwvob | 2011-03-19 21:13


<< N I S E K ...      白井岳~登りラッセル下りラッセル~ >>