2010年 05月 19日
晴天だ!遊ぶぞ!@支笏湖編  by 林

5月16日。上天気に誘われ、支笏湖へ行って来ました。

メンバー:アフロ(3)・おーじ様(3)・カナちゃん(2)・ちず(3)・とがぴー(2)・かめちゃん(1)
メンバー本名ver. 金澤・林・池田・松田・富樫・亀田



既に2回もカヌーが中止になったこのイライラをどこにぶつけよう・・・。
そうだ!支笏湖があるではないか!

そう言い出したワンゲルの群れは16日に支笏湖で今年初カヌーを楽しんで来ました。




前日15日。日中は大変暑い。半袖で外を歩いてもちっとも寒くない。いやむしろ暑い。とにかく暑い。

体がまだ慣れてないせいか非常に暑く感じる。



こんな時は河原で焚火をしながらのキャンプが最高だ。



そこで僕は思い出した。金澤が前日から支笏湖でゲリラキャンプをしている事を。








・・・とゆう訳で、金澤と僕は二人きりでキャンプをして来ました。

しかし僕は次の日朝早くにみんなを迎えに学園へ行かなければならない。
自分の行動が制限されることにイラだちを感じつつも、この日の天気の良さに涙が止まらない。


キャンプ地到着後、すぐに焚火をすべくポイントへと移動する。
ライターが壊れるまでてこずりながらも焚火を開始すると、あまりの条件の良さにまた涙が吹き出る。

c0096000_23403370.jpg


美しい恵庭岳をバックに無風の中での焚火・・・。もう涙は出し切ってしまいました。

c0096000_23414221.jpg


小規模にかわいらしく、おしとやかに行っていたが、2人ならこの程度でも十分な火力だった。
煙が真上に上がって行くので、あまり煙攻撃は受けずに済みました。


みんなを連れて来なかった事を少し後悔しました。
まぁ2人ならではの会話をあるから今回は良しとしよう!

c0096000_23444137.jpg


2人でウインナーを焼き、ビールを飲み、梅酒を飲み・・・。
そして次の日2人そろってお腹の調子が良くなかった・・・ってのは余談ですw
ウインナーか!?ウインナーなのか!?







とりあえずAM5:30に起床し、僕はみんなを迎えに行くのに一端帰宅。
もう1度強調します。 めんどくさいと。

いや、いいんだよ。かわいい後輩たちのためなら俺は行くよ♡




みんなを回収して本日2度目の支笏湖へ。

まずは好例、カヌー前のエクササイズ!

c0096000_2350553.jpg


New Faceが3人ほど写ってます。
左からとがぴーこと富樫、ちずこと松田、かめちゃんこと亀田!

今回はあまり写真を撮らなかったので、わかりやすい写真がありませんでした。
後日の活動で撮って来ます。



用意が出来たらまずは僕が水に入って本日のコンディションチェック!




結果・・・














寒すぎる!!


当たり前ですが・・・w



ウエットを着ていても寒いとは・・・。なかなかやるぜ支笏湖よ!


それもそのはず。後日新聞を読むと、その日の朝に支笏湖表面は薄氷が張っていたらしい。
そんな中を泳げば寒いのは当然でした。



これまた当たり前だったが、ウエットを着て泳ぐ僕と金澤は凄い目で周りから見られていました。

見物料おいてけ!






この日の目的はカヌーなので、そろそろカヌーを始めます。




mission1 昨年で廃止になったポロピナイキャンプ場へ極秘に侵入せよ。



陸上はゲートによるバリケードが敷かれているので、カヌーを漕いで湖から侵入。
途中から波が出てきて僕らのゆくてを阻む!


同志たちは次々と支笏湖の荒波に飲まれ、1人減り、そしてまた1人減り・・・。















なんて事はなく、普通に上陸しました。

閉鎖されてるだけあって、さみしい雰囲気が漂ってました。

c0096000_035857.jpg




↓支笏湖の荒波に打ち勝ち、見事ポロピナイキャンプ場の土を踏んだ勇者たちです↓

c0096000_05146.jpg



今度のバックは不風死と、ほんのちょっぴりの樽前です。
樽前はまだまだ雪がありました。





キャンプ場から撤退すると、今度は各々が1人で漕ぐ練習をしてました。

風が出てきたせいか、波が時々高くなってカヌーがバウンドしてました。






そして本日のシメは金澤が行いました。

c0096000_0133385.jpg


※良い子のみんなはマネしないようにしましょう。









次のカヌーは6月6日、余市川を予定。
3度目の正直で下れる事を期待しています。
[PR]

by hgwvob | 2010-05-19 00:17 | カヌー


<< HGWV OB会H・Pについて      のんびり下れる川の本について >>